« ミニエコ♪:「秋葉原駅前緑地実験」その2・アンケート調査 | トップページ | 「ご主人様はNo.1スモーKING計画」 »

2007年9月21日 (金)

第2回:株式会社音力発電 速水浩平さん

第2回のゲストは株式会社音力発電の速水浩平さんです。
私たちが日常生活で使っている何気ないエネルギーを効果的に発電利用するという画期的な発明をされました。

株式会社音力発電 速水浩平さんの3分エコをダウンロード

Dsc07098 速水浩平(はやみず・こうへい)
株式会社音力発電 代表取締役
"Idea to Product 2006 Global Competition" Kelleher Chair in Entrepreneurship Challenge 3位 受賞
情報処理学会 モバイルコンピュータとユビキタス通信研究会 2005年度 優秀発表 受賞
2007年度 慶應義塾大学 塾長賞 受賞
SFC Entrepreneur Award 2006 Gold Award 受賞
第4回 かながわ新エネルギー賞 受賞
第7回 湘南ビジネスコンテスト ビジネスモデ賞 受賞
2005・2006年度 SFC AWARD 受賞(2年連続受賞)
SIV Business Plan Contest 2005 優秀賞、特別賞 受賞
SIV Business Plan Contest 2003 優秀賞 受賞
SIV Business Idea Contest 2002 ファイナリスト

Hayamizu2 Hayamizu3 Hayamizu4

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第2回:株式会社音力発電 速水浩平さん:

コメント

始めにこの欄にテレビ夢の扉に関するコメントを書かせて頂く事をお詫び申し上げます。夢の扉の放送見させて頂き感銘を受けました。速水さんの開発されている音力発電は、環境問題が叫ばれる中、地球にとって無公害かつ不資源でありエコエネルギーで素晴らしいと思いました。地球には限られた資源しかないので、これから生まれて来る、後世の子供達、地球の環境の為に欠かす事の出来ないエコエネルギーになるのではないかと感じます。私の出来る事は節電、資源ゴミをリサイクルする等の小さな事しかありませんが、同世代の速水さんの素晴らしい研究を支援、応援する為に株を購入したいと思いました。恥ずかしい話しなんですが、初めて株を購入するので購入の仕方が解らない為、御社の株購入の仕方を是非教えて頂きたいので、宜しくお願いします。次世代エネルギーの開発を後世の新しく生まれて来る子供達と地球環境の為に頑張って下さい。応援しています。

投稿: 井上貴光(いのうえたかみつ) | 2008年2月 3日 (日) 20時29分

振動発電は色々と可能性を秘める。
今、研究開発中で注目を集める「音響冷凍機」。
この装置から漏れる振動音のエネルギーをさらに発電に利用出来るとなると、冷凍機装置に還流させる事によりエネルギー効率が上がる。
リニアモーターカーでも液体ヘリウムの液化装置に音響冷凍機を使うとなると、音力発電装置を利用するチャンスが出てくる。
宇宙ステーションではポンプやモーターから発生した振動音は困りものであったが音力発電で吸収してエネルギーの再利用が可能となると一石二鳥である。
音響冷凍機と音力発電装置を宇宙で一緒に使うとなると、さらにエネルギー効率が良い。
人工衛星が地球の裏側に回って太陽電池が使えないような場合や、深海で太陽の光が届かないような所でも、音力発電は期待出来る。
風力発電装置は低周波発生源として近年敬遠されてきている。
この低周波振動音のエネルギーも吸収・緩和出来る可能性がある。

投稿: ゴンザレス | 2011年3月 6日 (日) 19時18分

コメントを書く